令和6年2月1日 個人確定申告の新規ご依頼は停止しております。

当事務所の関与方針

【税理士、社労士について】
税金は日々の食材のお買い物からも幅広く関わってくる消費税に、
お給料に伴う所得税は馴染み深く、生活面の様々で生じる身近な存在です。

健康保険・厚生年金に労災保険・雇用保険といった生活を支える社会保険。
正確な勤怠管理と労務管理による導き出される給与計算結果。
それぞれ職業生活において大変重要であり、雇用環境で欠かせません。

これらは事業経営で避けては通れないものですが年々複雑さが増しております。
また効率化の第一手段である電子ソフトの導入も敷居が高く感じられます。

税金の専門家である税理士。人(ヒト)の専門家である社会保険労務士。
当事務所ではこの2つの専門力を用いて、事業者様の手助けをさせていただきます。
税務だけでなく社会保険見識から広範囲でのリスク対策指摘が多くなりますが、
重要性や有効性をご理解いただくことで安心な事業経営に役立つ事務所です。

士業事務所は頭が偉くて学歴の優れた怖くて偉そう…という印象を抱かれますが、
豊富な民間企業勤務経験から、庶民的なお付き合いを信条としております。

☆オフィスポリシー★
誰もがはじめからご存知であるわけではないという考えを元に
身近な例えを用いて、丁寧な説明をもって、出来る限り伝わりやすいよう常に心掛けています
税務・労務の相談窓口は税理士・社会保険労務士である代表の藤原が専任で行っておりますので、
一般的事務所担当者さんと異なり、国家資格者として厳密な法的観点からご案内させていただきます。
ご存知の方にはおせっかい・くどいかも知れませんが、それこれが専門家の説明義務と考えております。
なかでも税務と社会保険の連動性から、基本的に双方を意識したうえでの細かな確認させていただきます。

・青色専従者支給税務相談 → 専従予定者は他に収入が無く社会保険被扶養者であるが、専従者給与支給により130万円未満要件はクリアできても、被保険者より高い年収(当然2分の1要件満たさず)、社会保険扶養が外れる懸念の説明。
・給与計算における賞与社会保険相談 → 従業員で決算翌月支給目的の場合は、法人税法上の決算賞与の要件を理解しつつ満たしているのかの確認。役員については事前確定届給与の精度について特にリスクの理解が正確かどうかの確認。

ビジネスチャットによる関与を前提とさせていただいております
都合のよい時間帯で相談・返答が残せるため当事務所ではビジネスチャットが基本です。
やり取りは【LineWorks】というLineのビジネス版の無料アプリです(PC、スマホ同時導入可)
検討事項の返答はお時間頂戴しますが、ご連絡に対する返信は大変スムーズでございます。
メールに関しては添付の容量制限エラー、迷惑フォルダ埋もれ等スピード感にも難から、
システムによる自動請求書送付・電子契約書の送付に限った利用に留めております。
また、突然のお電話・ビデオ通話も通常職務に集中しておりますため対応困難となります。
※電話・ビデオ会議・訪問や来所受け入れ面談を実施していない事務所ではございません。
前もってのお約束によって柔軟に対応させていただいておりますのでご安心ください。
(新規のお客様はまずお問い合わせより具体的に相談内容をお知らせください。)

デジタルトランスフォーメーションを積極的に推進いたします
近代的なシステムツールを利用することで、スムーズな税務・社会保険労務環境を実現します。
税金や社会保険料の納付はスポット関与を除き納付書は一切使わずキャッシュレス納付を徹底。
税理士が手配までサポート可能なダイレクト納付を代表に、ペイジー・振替納付などもご案内。
そのほか最大限のペーパーレス化により、紙書類を増やしすぎないようにも心掛けております。

これまでいただいた相談事例回答をまとめました投稿特集)
 個人事業主様の税務・労務を一覧にいたしました(パンフレット)
節税になると聞く法人化…個人事業主との違いを確認パンフレット)


【関与の考え方について】
健全な資金繰りはお客様による日々の数字の管理把握と、謙虚な事業経営によって生み出される成果であると思っております。
そのなかでお客様の営む事業経営が永続的に継続できますように、微力ながらバックオフィスとしてサポートさせていただく。それが当事務所の基本的な関与方針です。

日々のお仕事や生活に追われていたり、電子ソフトの操作は得手不得手があります。
私どもではお客様の出来る範囲でのご提案を行い、手を差し伸べさせていただきたいと考えております。
(債権債務管理などの経理の丸投げ受任は困難ですが、電子ソフト入力代行・電子帳簿書類作成のご依頼は大歓迎です)

ただ、絶対にお約束いただきたいことがございます。
私どもからの連絡について、日々ご多忙のなかでは即座のご対応が難しいことは当然です。
私自身も複数業務に携わるなか、連絡が即時には繋がりづらいのが実状です。
そのなかでなんとか合間を縫って、1週間以内に何らのかご反応いただけますでしょうか。
期限のあるお仕事であり、勝手に進めても良いというお仕事でもありません。
お客様のご理解とご協力が無ければ、ちゃんとした書類の作成は実現出来ません。
どうかよろしくお願いします。
※ご反応が一向にございません場合、計算が遅れお客様に不利益が生じます。
そういった場合はご依頼を辞任させていただく場合がございます。ご了承ください。


【ご協力可能なお客様】
(税務会計)
〇フリーランスや年収5億円以下の方
〇各種届出等の重要を認識なされている方
〇ご自身で数字管理を意識なされている方
〇適正な納税による企業成長の理解がある方

(社会保険労務)
〇従業員が100名以下である事業所様
〇従業員を雇う複雑について向き合える方
〇給与計算予定や報告事項が確立されてる方
〇社会保険加入の大切さを理解されてる方

(共通事項)
〇ご連絡についての反応をいただける方
〇確認・質疑・注意に率直返答いただける方
〇書類管理のうえ速やかにご提示いただける方
〇各業務単位の料金にご理解いだたける方
〇不在電話中心でもお怒りになられない方
〇ビジネスチャット形式での連絡が可能な方


【ご協力が困難なお客様】
(税務会計)
●多数事業所や年収5億円を超える会社様
●青色の適用無く白色申告であるお客様
●会計処理だけで申告を希望されない方
●数字意識や関心が弱く後々後悔する方
●税金を減らすことのこだわりが強い方

(社会保険労務)
●従業員が100名超である事業所様
●退職者が度々生じてしまう事業所様
●従業員雇用を安易に考えらている方
●給与知識が未熟で情報不足の多い方
●社会保険を回避・不法減額したい方

(共通事項)
●ご連絡の返信が1週間以上もいただけない方 … 多忙事由の場合は定期訪問式の事務所様が良いかと考えられます
●都度の確認や指摘についてはわずらわしい方 … 士業は確認責任義務があり、義務遂行困難なお客様は対応不可です
●書類の管理が杜撰で紛失や提出遅滞の多い方 … まとめてのご提出は確認・納品も遅滞しますので経営上よくありません
●ご請求についての滞納が度々続いてしまう方 … 私どもは慈善事業ではございませんので滞納者様はご対応できません
●お電話又は対面でのやり取り以外は困難な方 … 申し訳ございませんが基本的にチャットでのやり取りが入口の事務所です
●経営者意識が弱く私的事情の介入が激しい方 … 事業と私情の区別ができない方は租税回避性が濃くお断りしております
●適正な自衛のための努力意識が欠けている方 … 自分だけでなく第三者に明瞭な処理・準備で自己防衛の意識が重要です
●自社入力遅滞含み情報不足で助言期待される方 … 都度やり取り無く助言を期待なされても適正な情報提供はできません
●過度のシステム支援や総務代行を希望される方 … 私どもは税理士社労士事務所でありSEや総務代行業者ではありません
●雇用や投資支出無く助成金や補助金を求める方 … 助成金や補助金は支出の補填性で、臨時給付金等収入支援と異なります
●リスク認識無くネット情報裏技を遂行したい方 … 法が難しくてわからなかったでは許されません。安易な考えは禁物です
●士業の費用を安いしたいという意思の強い方 … 料金にもよりますが依頼内容の適正価格をいまいちどご確認ください
●些細な理由で頻繁に士業を変更なされる方 … 士業は一生涯の関係性が根本で頻繁変更者は信頼して関与ができません

※私どもでは士業変更のお客様については、事情によってお引き受けしておりませんが、下記理由は変更が妥当と判断しております。
・ご高齢の先生で電子納税に対応なされていない、体調を崩して連絡がつかない、亡くなられた 等
・間違いがあまりに多い、決算書や申告書の記載内容がスカスカ、職員で法律軽視判断が多い 等


※まずは一度 お問い合わせ ください。
私どもの事務所では困難な事案でも、提携先紹介を含めて多角的にご検討致します。

🌸当事務所の適格請求書発行事業者番号(インボイス番号)でございます。
インボイス番号